コムサポと他社様(予備校や専門学校) 3つの違い

コムサポと他社様(予備校や専門学校)を比較してみました。
公務員受験ができる学校等を検討されている方は、ぜひご参考ください。

  コムサポ 他社様(予備校や専門学校)
費用

全てコミコミ価格&安心の月謝制

面接練習・エントリーシート添削・教科書代や入学金・冷暖房まで含んでおりますので、これ以上かかりません。また、月謝制なので自分のペースで続けられます。

オプション制&一括払い

面接指導やエントリーシート添削時は別料金、また授業料も前納の場合が多い。

人数

最大16名の少人数制

一人ひとりに寄り添った指導に当たれるよう、コムサポは少人数制にこだわります。

大人数制

クラスメイト=ライバル。できる学生に合わせて授業が進みます。

授業内容

一般教養+技術専門(土木)

技術系公務員に対応した専門講師による授業ができるところは、そう多くありません。

一般教養のみ

技術系公務員試験の合格判断に占める得点比率

  1次試験 2次試験
基礎能力:40問 技術:40問(工学共通20問+専門20問) 面接
比率 2.3/9 4.7/9 2/9

技術系公務員の試験では、教養と技術の問題数は同じだが、採点比率が 約2倍!
さらに、そのうち専門20問の対策をすることが、圧倒的有利につながります。

※比率は、人事院の国家公務員試験採用情報NAVIによる
http://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/ippannsyoku_kousotsu/kousotsusya/ippann_kousotu.html